[PR]

 昨年7月の豪雨災害で浸水した熊本県人吉市内の町内会の住民を避難させ、1人も犠牲者を出さずにすんだ町内会長の一橋國廣さん(76)が2月25日、水防功労者として国土交通省九州地方整備局長表彰を受けた。一橋さんは「球磨川下りの船頭と消防団の経験が生きて、機敏に対応できた」と話した。

 豪雨が続く昨年7月4日午前2時ごろ、球磨川沿いにある人吉市中神町大柿に住んでいた一橋さんは、携帯電話などで九州地方整備局のデータを調べ、川の水位を確認していた。10分ごとに10センチ上昇し、3メートルを超えても同じペースで上がり続けた。「今までなかったことだ」と異常を感じた。大柿町内会の班長3人を呼び出し、地区内の約50世帯を4人で手分けして回って避難を呼びかけた。

 一橋さんは観光遊覧船の球磨川下りの船頭を長年続けた経験から、今回の激しい水流による堤防決壊などの危険を感じた。ふだんの避難場所では水没してしまうとみて、高台にある小学校体育館などへの避難所設置を市に要請した。

 地区消防団で培った経験をもと…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら