ミャンマーのため、声上げる 東京で反クーデターのデモ

伊藤進之介

拡大する写真・図版軍事クーデターに抗議し、国際社会にミャンマーの救済を求める在日ミャンマー人ら=2021年2月28日午後、東京都渋谷区の国連大学前、伊藤進之介撮影

[PR]

 ミャンマーで軍事クーデターが起きてから1カ月となるのを前に、在日ミャンマー人らが2月28日、東京都渋谷区国連大学前に集まり、国軍に対して抗議の声を上げた。

拡大する写真・図版デモ参加者の一人はアウンサンスーチー氏の肖像がプリントされたTシャツを着ていた=2021年2月28日午後、伊藤進之介撮影

 主催者によると、約2500人が参加。日本以外でも台湾、タイ、香港、インドなど各地で現地ミャンマー人がデモを行ったという。国連大学前では正午から約2時間、人さし指と中指、薬指の3本を掲げて抗議の意を示し、国際社会による介入の必要性を訴えた。

拡大する写真・図版軍事クーデターに抗議して掲げられた3本の指=2021年2月28日午後、伊藤進之介撮影

 横浜市から訪れた技能実習生のヌエヌエソーさん(29)は「皆と私の将来のために、行動する」と話した。

拡大する写真・図版ヌエヌエソーさん=2021年2月28日午後、伊藤進之介撮影

 東京都町田市から来た、ズエヘインテツさん(27)は専門学校で介護を学んだが、クーデターと新型コロナウイルスの感染拡大で帰国のめどが立っていない。「母と姉2人が心配だ。早く帰りたいが、日本にとどまるしかないかもしれない。在留資格が取れるかもわからず不安だ」と話す。

拡大する写真・図版ズエヘインテツさん=2021年2月28日午後、伊藤進之介撮影

 両親と東京都荒川区から訪れたチョウユキコさん(6)は「スーチーさんを頼りにしている。応援しに来た」。

拡大する写真・図版デモに参加したチョウユキコさん=2021年2月28日午後、東京都渋谷区、伊藤進之介撮影

 東京都新宿区から訪れたイエミンアオさん(42)は出入国管理法違反(不法残留)で約2年間、入管施設に収容されたが、昨年5月に仮放免となった。「仕事もできず、友達に助けてもらっている。今できることはミャンマーのためにデモに参加することだけだ」と話した。

拡大する写真・図版イエミンアオさん=2021年2月28日午後、伊藤進之介撮影

 同じく新宿区から駆けつけた、シャンメンレーアンさん(62)は1997年に来日し、難民として暮らしている。次女は現在もミャンマー北部のカチン州で暮らしている。クーデター後は通信が遮断され、電話で話すこともできない。中国に暮らす長女、オーストラリアに暮らす長男と、「それぞれの場所で祈るほかない」と励ましあったという。

拡大する写真・図版シャンメンレーアンさん=2021年2月28日午後、伊藤進之介撮影

 デモを主催した、東京都豊島区のマイチョウウーさん(52)は「様々なルーツのミャンマー人が東京で集まっている。国際社会も団結して、ミャンマーを助けて欲しい」と話した。(伊藤進之介)

拡大する写真・図版マイチョウウーさん=2021年2月28日午後、伊藤進之介撮影

拡大する写真・図版国連大学前で、国民民主連盟(NLD)の党旗を掲げて、国際社会にミャンマーの救済を求める在日ミャンマー人たち=2021年2月28日午後、伊藤進之介撮影

拡大する写真・図版国連大学前で、国軍によるクーデターを批判し、国際社会にミャンマーの救済を求める在日ミャンマー人たち=2021年2月28日午後、東京都渋谷区、伊藤進之介撮影