[PR]

 茨城県ひたちなか市の病院で2月24日朝、心肺停止状態で搬送された男性が死亡した事件があり、県警ひたちなか署は28日、男性は千葉県香取市三島の職業不詳、高安秀次さん(39)で、死因は外傷性ショックだったと発表した。県警は、高安さんが何らかの暴行を受けて死亡したとみて、傷害致死事件として調べている。

 県警によると、高安さんは24日午前8時55分ごろ、知人とみられる30代女性の運転する車で病院に搬送され、まもなく死亡が確認された。両腕には変色した痕があった。28日に司法解剖した結果、死亡推定時刻は23日午後~24日未明で、両腕を含む全身に外部から力が加わった筋挫滅が見られたという。県警は女性に事情を聴いている。