照ノ富士が大関返り咲き 口上は「謹んでお受けします」

[PR]

 日本相撲協会は31日、大相撲夏場所(5月9日初日)の番付編成会議と臨時理事会を東京・国技館で開き、春場所で優勝した関脇照ノ富士(29)=本名ガントルガ・ガンエルデネ、モンゴル出身、伊勢ケ浜部屋=の大関再昇進を満場一致で決めた。東京都江東区の伊勢ケ浜部屋であった昇進伝達式で、照ノ富士は「謹んでお受けいたします」と述べた。

 大関の座を失っても翌場所で10勝以上すれば返り咲ける特例ができた1969年名古屋場所以降、一度は平幕まで下がりながら再昇進したのは77年初場所後の魁傑以来、2例目。

 照ノ富士は2015年夏場所後に23歳で大関に昇進したものの、両ひざのけがなどに苦しみ17年九州場所で転落した。長期休場をはさんで2年前に序二段から再起し、再入幕の昨年7月場所では2度目の優勝を果たした。今年の春場所を含む直近3場所は三役で計36勝を挙げ、大関昇進の目安とされる33勝を上回った。