最高齢86歳 YouTubeでヒップホップダンス公開

沖縄はいま

沖縄タイムス
[PR]

 沖縄県の嘉手納町内の67歳~86歳の高齢者15人が参加するヒップホップダンス講習会の集大成として18日、ユーチューブに公開するための動画撮影が町水釜であった。講習会は町老人クラブ連合会(嘉老連)が企画。講師の前川萌さん(21)の指導の下、参加者はおそろいのTシャツ、頭には青いバンダナ、華やかなネックレスやイヤリングなどで着飾り、ノリノリでダンスを披露した。

 嘉老連は昨年度、高齢者を対象にヒップホップダンスの講座を県内で初めて実施。本年度はコロナ禍で対面指導が制限されたため、オンラインも取り入れながら開催した。撮影した動画は編集し、ユーチューブで4月に公開予定。

 知念千代子さん(85)は「体全体を動かすからとっても楽しい。若返るね」と笑み。古謝ヨシ子さん(86)は「80代でヒップホップを踊るなんてワクワクするね。みんなからパワーをもらっているよ」と語った。前川さんは「オンラインレッスンだったので、一緒に踊れたことがすごいうれしい。元気いっぱいでパワーにあふれ、楽しむ姿をぜひ見てほしい」と話した。(沖縄タイムス)

沖縄はいま

沖縄はいま

続く本土との溝、揺れる米軍基地問題。沖縄でいま、何が起きているのか。[記事一覧へ]