奇跡的に戦禍免れた「壺屋」 焼き物が支えた沖縄の復興

島崎周
[PR]

 戦前の沖縄の人や風景を写した写真165枚が、朝日新聞大阪本社(大阪市)で見つかった。戦前の沖縄の写真は戦災で多くが失われ、まとまった形で見つかるのは珍しい。その中から選んだ写真を紹介する。

 焼き物が盛んな那覇市の壺屋地区。1944年ごろに撮影されたとみられる写真に、代表的な工房が写っている。

 那覇市の壺屋焼物博物館によると、1672年に首里城正殿が瓦ぶきで再建されるなど、地元では瓦の需要が増大。首里王府が1682年に陶工たちを移住させ、多数の窯を築いたのが壺屋で、「壺屋焼」の始まりと言われる。主に食器やつぼなど日用雑器がつくられていた。

 太平洋戦争で物資が不足し始め、壺屋では1944年ごろから軍用の飯わんや蓄電用のバッテリーケース、電線を固定するための碍子(がいし)などもつくらされた。

 写真は「壺屋焼の名人」といわれる小橋川仁王(におう)(1877~1954)=写真奥=が軍用か県外向けと思われる土瓶をつくっているところ。工房はその後「仁王窯」と呼ばれるようになった。

 写真の裏には「父子」とあり、隣にいるのは、仁王の息子で戦後の壺屋焼を支えた名工、永昌(えいしょう)(1909~78)。壺屋町民会自治会長の島袋文雄さん(83)は、永昌の姿をよく覚えている。壺屋で生まれ育ち、永昌とは親戚関係。壺屋の古い話や、永昌が熱心に取り組んだ「赤絵」の話をよくしてくれたという。「写真を見てすぐに永昌だとわかりました。壺屋の重鎮とも言える人です」

 永昌のこの時期の写真はあまり残っておらず、同館は「極めて貴重」とする。

 永昌のおいにあたる小橋川永勝さん(79)と弟の太郎さん(75)は、永昌について「研究熱心な人だった」と話す。永勝さんは仁王にとって、最初の男の子の孫で大事にされたという。鳥を戦わせるところを見せ、楽しませてくれた記憶がある。永昌に運転手として雇われ、後に弟子となった陶工の照屋佳信さん(70)は、永昌と釣りをしたり酒を酌み交わしたりして親睦を深めた。一人前になったときにお祝いをしてくれたことを覚えている。「優しくて紳士だった」

 戦中の空襲では那覇の9割が壊滅的な被害にあったが、壺屋は奇跡的に被害を免れた。戦後、食器の需要をまかなうため、米軍は壺屋を那覇でいち早く住民に開放。1945年11月に100人ほどの陶工たちが「陶器製造産業先遣隊」として戻る。その後、米国人向けの土産物もつくられるようになる。壺屋には多くの人が住むようになり、復興につながっていく。

 同館の学芸員、比嘉立広さんは「壺屋は那覇の中でも奇跡的に被害をまぬがれた特異な地域。焼き物という産業があったからこそ、戦後の復興につながった歴史がある」と話す。(島崎周)