新幹線回数券「東京―名古屋・新大阪」 来年3月で終了

[PR]

 JR東海は31日、東海道新幹線の回数券のうち一部区間の販売を2022年3月末で終了すると発表した。終了するのは、東京―名古屋、新大阪の2区間のグリーン車や、東京―名古屋、米原、京都、新大阪▽新横浜―名古屋、京都、新大阪▽名古屋―京都、新大阪の普通車指定席9区間。さらに普通車自由席の回数券も、名古屋―米原など5区間を終了する。ネットで購入できるサービスの利用が広まっているためという。

 回数券は6枚セットで、普通車の自由席と指定席、グリーン車用の3種類がある。金券ショップなどで、お得な切符としてバラ売りされ、購入する客も多い。ただJR東海によると、「エクスプレス予約」など、ネット予約は通常のチケットより割安に買えて利用が増えている。一方で、回数券の利用は減少傾向だという。同社は今年3月にも、新幹線の東京―京都のグリーン車など一部区間で、回数券の販売を終えている。