宝塚元トップ紅さん主演舞台中止 関係者9人コロナ感染

杢田光
[PR]

 大阪松竹座大阪市中央区)で4月16~26日に上演予定だった、宝塚歌劇団の元トップスター紅(くれない)ゆずるさん主演の舞台「アンタッチャブル・ビューティー」が、公演中止になった。公演関係者9人が新型コロナウイルスに感染したため。松竹が3月31日に発表した。

 22日に大阪市内で制作発表が行われ、23日に稽古が始まったばかりだった。その後、新型コロナの感染が疑われる人と公演関係者が接触していたことがわかり、25日から関係者全員がPCR検査を受けていた。

 27日には、出演者で吉本新喜劇の末成映薫(ゆみ)さんと内場勝則さん、松竹新喜劇の桑野藍香さんらの感染が明らかになった。

 この公演はもともと昨秋に予定されていたが、新型コロナの影響で今年4月に延期されていた。紅さんは、PCR検査の結果陰性だったという。

 松竹は「万全の状態で公演を実施することが困難であると判断し、やむなく中止することとなりました。感染拡大防止に向け、迅速に対応してまいります。今後時期を調整し公演の実現に向け努力してまいりたいと存じます」とコメントしている。

 チケット払い戻しの詳細はHP(https://www.shochiku.co.jp/wp-content/uploads/2021/03/20210331_04.pdf別ウインドウで開きます)へ。(杢田光)