子ども食堂普及 鳥取は3位、お隣の島根はなぜ最下位?

有料会員記事

榊原織和、宮城奈々
[PR]

 低額で食事を提供し、子どもの居場所にもなっている「子ども食堂」。全国でその数は増加傾向にあるが、山陰両県の普及度は鳥取が全国3位の一方、島根は最下位。この差はどこから来るのか、2回にわたって探る。

 2017年に立ち上げた島根県益田市の「たかつ子ども食堂」は、高津地区の民生委員らが中心になり、幼児から中学生までの子どもを受け入れている。代表の永本つる枝さん(73)は「子どもの孤食を減らし、居場所作りをしたい」と話すが、運営については率直に「苦しい」と言う。

 年に6回開く会には、毎回平均160人が参加する。参加者から100円を受け取り、あとは民生委員の活動費や地区の社会福祉協議会の資金に頼る。フードバンクや地域の人が米を提供してくれることもあるが、施設代や保険料もかかり、資金面でいまの開催数が限界だ。人手の確保にも苦労している。幾度か行政に窮状を訴えたが支援は得られなかったといい、「行政は居場所作りという子ども食堂の意義を分かっていない」と感じている。

 NPO「全国こども食堂支援…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら