[PR]

 阪急阪神ホテルズは、直営ホテル21カ所のうち、採算が悪い6カ所の営業を2025年度末までに順次終了する。インバウンド(訪日客)の増加を見込んだライバルホテルとの競争が激しくなったところにコロナ禍が直撃。収益改善を加速する必要に迫られた。

 親会社の阪急阪神ホールディングス(HD)が31日に発表した。対象のうち、東京五輪と同じ1964年開業の「大阪新阪急ホテル」(大阪市北区)と、大阪万博と同じ70年開業の「千里阪急ホテル」(大阪府豊中市)の2カ所は老朽化が進んでおり、営業終了後に建物を解体する。跡地の利用法は未定という。

 阪急阪神ホテルズは新規採用を当面凍結。人員を現在の約2300人から4年で約1500人に減らす。

 もともとの競争激化で同社の2020年3月期の営業損益は34億円の赤字。さらにコロナ禍の影響で21年3月期は187億円の赤字を見込む。ホテルの再編や人件費の削減で25年3月期までの黒字化をめざす。

 構造改革費用180億円の特別損失計上などで、同HDは21年3月期の業績予想を下方修正した。売上高は2月の予想より100億円少ない5650億円(前年比26%減)、純損益は赤字幅が40億円拡大して400億円の赤字(前年は548億円の黒字)を見込む。

 同HDの大塚順一・執行役員は31日の会見で「前提として需要は戻らないと考えている。コロナが収束する時期は不明で、座して待つよりは、事業強化を実施したい。まずは構造改革を進める」と述べた。(筒井竜平)

阪急阪神ホテルズの営業を終える施設と時期

・第一ホテルアネックス(東京都千代田区、2021年度末)

・吉祥寺第一ホテル(東京都武蔵野市 21年度末)

・梅田OSホテル(大阪市北区、遅くとも21年度末)

・第一ホテル東京シーフォート(東京都品川区、22年度末)

・大阪新阪急ホテル(大阪市北区、24年度末ごろ)

・千里阪急ホテル(大阪府豊中市、25年度末ごろ)