ヤクルト青木、内川が濃厚接触者判定 2週間の隔離へ

[PR]

 東京ヤクルトスワローズは31日、1軍の西田明央捕手と球団スタッフ1人が新型コロナウイルスの陽性と判定されたと発表した。2人に発熱などの症状はなく、自宅で隔離される。

 球団は同日、西田の他、濃厚接触者の可能性があるとして、山田哲人内川聖一、西浦直亨、青木宣親スアレスの5選手の出場選手登録を「特例2021」で抹消した。

 その後の保健所の調査で、青木、内川両選手が濃厚接触者と判定されたため、2人は4月13日まで自宅隔離となる。PCR検査では陰性だった。

 山田、西浦、スアレスの各選手は4月1日からチームに合流する。「特例2021」では、感染の疑いがないと確認できれば、10日間を経ずに再登録ができる。

 新人・山野太一投手も自宅待機していたが、濃厚接触者ではないことがわかった。そのため、4月1日の横浜DeNAベイスターズ戦に先発する。

 球団によると、3月30日に関係者に陽性判定者が出たことを受け、PCR検査を実施し、西田選手とスタッフの陽性が判明したという。31日夜に横浜スタジアムで予定していたDeNA戦は代わりの選手を昇格させて行った。