兵庫・宮城にも「まん防」検討 大阪に初の適用へ

[PR]

 政府は31日、新型コロナウイルス感染症の感染が再拡大している大阪府からの要請を受け、同府に「まん延防止等重点措置」(まん防)を適用する方針を固めた。4月1日にも正式決定する。「まん防」は2月に施行された改正特別措置法で新設され、適用するのは初めて。

 菅義偉首相は31日夜、大阪府への「まん防」適用について「あす会議を開き、そこにかける」と述べ、1日に専門家らによる「基本的対処方針分科会」に諮り、対策本部で正式に決める考えを示した。首相官邸で田村憲久厚生労働相らと対応を協議した後、記者団に語った。

 政権幹部によると、大阪府と隣接する兵庫県にも適用する方向で調整に入った。神戸市を対象とする方向だ。宮城県についても検討している。大阪府以外への適用をめぐり、首相は「自治体と連携しながら対応したい。お互い何が必要か話しあっているので、その中で決める」と述べ、柔軟に対応する考えを強調した。

 「まん防」は国が都道府県や期間を決めるが、具体的な対象区域や対策は知事が判断する。大阪府吉村洋文知事は「5日から3週間程度、大阪市域を指定したい」と記者団に述べた。政府は適用開始の前倒しや、期間を春の大型連休後までとできないかについて調整する考えだ。

政府、当初は慎重

 大阪市では、現在は午後9時…

この記事は有料会員記事です。残り976文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]