首相「ひとつにならなきゃ」 自治体の「まん防」要請に

[PR]

 新型コロナウイルス感染症の感染が再拡大している大阪府から緊急事態宣言の前段階である「まん延防止等重点措置」(まん防)の適用を要請されたことを受けて、菅義偉首相は3月31日、首相官邸で記者団に「正式に大阪から申請が来たので、政府としては連携しながら対応していきたい」と述べた。

 4月1日に専門家らによる「基本的対処方針分科会」にはかり、適用を決定する方針だ。首相は「まん延防止対策について、明日会議を開いてかける。正式な場所とか期間はまだ決まっていない」と話した。

 現在、大阪府以外に宮城など他県でも感染者数が増えている。知事らから要請を受ければ、「まん防」を適用するのかと問われ、首相は「連携をして、ひとつにならなきゃまずい。自治体としっかり連携しながら対応していきたい」と述べた。

 「まん防」は2月に施行された改正特別措置法で設けられた。飲食店に罰則付きの営業時間の短縮命令を出せ、緊急事態宣言の前段階の措置と位置づけられている。対象区域や具体的な対策は知事が決める。

 大阪府は今回、大阪市内を対象に、4月5日から3週間の対策を想定。現在は午後9時まで要請している市内の飲食店への営業時間の短縮について、緊急事態宣言時と同様に午後8時までに前倒しする予定だ。

 政府は大阪を含む関西3府県への宣言を3月1日に解除したばかり。記者団から、大阪府への緊急事態宣言を解除してわずか1カ月で「まん防」の適用になったことについて、解除が早すぎたのではないか、と問われた。首相は「地元のほうで『解除してほしい』との要請が強くあったことも事実だ。専門家の先生方にお諮りをした上で、決定させていただいた」と述べ、解除の判断は、地元の要請と専門家の意見をもとに決めたと主張した。