第5回シェアわずか6% 「日の丸半導体」が描く巻き返し策

有料会員記事

福田直之、編集委員・吉岡桂子
[PR]

半導体ウォーズ 第5回

 「デジタル社会を支える重要基盤・安全保障に直結する戦略技術として死活的に重要だ」。自民党は昨年12月の政府への提言で、半導体を「戦略技術」に位置づけ、日本の半導体産業を強化するよう求めた。

拡大する写真・図版梶山弘志経産相

 人工知能(AI)の普及でビッグデータが価値を高め、高速通信規格「5G」が広がる。半導体はこれら次世代技術に必要不可欠だ。半導体を巡って米中が激突するようになり、戦略的な重要性は急激に増した。

 ただ、1980年代に米国を凌駕(りょうが)した「日の丸半導体」は見る影もない。メモリーは韓国サムスン電子にシェアを奪われ、台湾の台湾積体電路製造(TSMC)のように国際的な水平分業の波に乗れなかった。

 総合電機メーカーは不振の半…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。