時空を駆ける空車(むなぐるま) 山折哲雄さんのみた夢

有料会員記事

久保智祥
[PR]

 1879(明治12)年1月25日に大阪で創刊した朝日新聞は今月2日、5万号を迎えました。これを記念して、宗教学者の山折哲雄さんに寄稿してもらいました。

宗教学者・山折哲雄さんの寄稿

 朝日新聞(大阪)がこの3月2日に、何と5万号の記念日を迎えるという。それが、6年50億キロの旅を終えた「はやぶさ2」の地球への帰還と重なった。無限の情報を運ぶ新聞と、はるかな小惑星から微量の砂を運んでくる探査機――その二つの物語に誘われたためか、この正月、明治の文豪、森鷗外が書いたエッセイ「空車(むなぐるま)」の初夢をみた。

 

 荷物を何一つのせない大八車…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら