[PR]

 NTTドコモは1日、3月26日に始めるオンライン専用の新プラン「アハモ」の料金を280円引き下げ、データ容量20ギガバイト(GB)で税抜き月2700円にすると発表した。1回5分以内の無料通話を含む仕組みは維持する。ライバル2社は無料通話分を切り離して2480円と割安感を出す戦略を取っており、ドコモは新プランの値下げで対抗する。

 アハモの先行申し込みは2月28日時点で160万人を超えたといい、ドコモ幹部はこの日の説明会で、「予想をはるかに上回る」と好調さをアピールした。ただ、サービス開始直後は物流が滞ると予想され、購入したスマートフォンやSIMカードが届くまで最大10日ほどかかる可能性があるという。混雑緩和のため、4月15日以降に申し込んだ人にはポイントを付与する。

 アハモに対応するスマホ機種も発表。米アップルのiPhone(アイフォーン)なら、ドコモで販売した「6」以降で使える。他社の機種をそのまま使えるかは検証中という。

 オンライン専用のプランでは、KDDI(au)が「ポヴォ」、ソフトバンクが「ラインモ」を発表し、それぞれ3月に始める。(井上亮)