「韓日は重要な隣国」 韓国大統領、関係改善を訴え

ソウル=神谷毅
[PR]

 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は1日、日本統治下の朝鮮半島で1919年にあった「3・1独立運動」を記念するソウルでの式典で演説した。日韓関係悪化の原因となっている元慰安婦問題や元徴用工問題などで日本を直接批判することは避け、「韓日は全ての分野で、とても重要な隣国だ」などと関係改善を訴えた。

 文氏は「韓国の成長は日本の発展の、日本の成長は韓国の発展の助けになる。今後もそうだ」と強調。「両国の協力は東アジアの安定と共同発展の、そして韓米日の協力の助けになる」「韓国政府は日本政府と向き合い、対話する準備ができている」と呼びかけた。

 文大統領は1月の記者会見で、元徴用工訴訟をめぐり韓国内にある日本企業の資産を売却し、原告の賠償に充てる現金化に否定的な見解を示すなど、関係改善の意向をにじませてきた。大統領府関係者は「批判のトーンを抑えたこと自体がメッセージ」と語る。一方、元慰安婦や元徴用工の訴訟をめぐって日本政府が受け入れ可能な具体的な提案はなく「言葉だけでなく行動がなければ解決につながらない」との声もある。(ソウル=神谷毅)