[PR]

 米ニューヨーク州のクオモ知事が、元側近の女性2人から相次いで「セクハラをされた」と告発を受け、謝罪を余儀なくされた。クオモ氏は、州内の高齢者施設の新型コロナウイルスによる死者数を意図的に少なく公表していた疑いが明るみに出たばかりで、さらなる窮地に追い込まれた。

 セクハラ疑惑の発端は昨年12月、クオモ氏の側近だった女性(36)が「長年にわたってセクハラを受けていた」と告発したことだった。クオモ氏は直後の会見で「真実ではない」と否定した。だが、女性は2月24日、ネット上でセクハラの内容について詳細に公表。同意なしに突然キスをされたことや、他にも被害者がいることを明かし、「権力の乱用を止めなければならない」と訴えた。

 さらに27日には、ニューヨーク・タイムズが別の元側近の女性(25)による被害の訴えを報じた。それによると、クオモ氏はコロナ禍が続いていた昨年、この女性に「私は20代女性にもオープンだ」「年上の男性と性的関係を持ったことはあるか」などと発言し、女性は性的関係の提案だと受け止めたという。

 批判が広がる中、クオモ氏は2…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら