【動画】冨永愛さん、マドモアゼル・ユリアさん、パリ・コレクションやファッションを語る=諫山卓弥、北村玲奈撮影
[PR]

 ファッションや生き方は、コロナ下で変わりましたか? トップモデルの冨永愛さんと、DJや着物スタイリスト、モデルとして活躍するマドモアゼル・ユリアさんが、日本の伝統文化からファッションの未来まで語り合った。3月1日から開かれる2021年秋冬のパリ・ファッションウィーク(PFW=通称パリ・コレクション)で、朝日新聞は冨永さんを、日本におけるPFW公式アンバサダーとして迎えている。

     ◇

 冨永 パリ・コレがデジタルでの発表になって、どのように感じていますか?

 ユリア 世界観がはっきりしているブランドは、映像でもそれがぶれず、逆にランウェーでできなかったことを表現していた。有名ではないブランドが、映像によって注目を浴びることもある。そういう新たな楽しみもあったけど、そろそろパリに行きたい。

 冨永 そうですね。デジタルでも伝わるものがあって素晴らしいけど、リアルで見る感動のほうが身にしみる。

 ユリア パリ・コレ自体が一つのカルチャー。どういう形であれ続いてほしい。

 冨永 コロナで、外に出る機会は減った。そのなかで、明日何を着ていこうか、って考えるのがより楽しくなった。

 ユリア 私、着物を結構着るけれど、不織布のマスクが着物に合わない。足袋屋さんとかみんなが布マスクを作り始めて助かった。

 冨永 着物、よく着てらして、素敵。

 ユリア 母と祖母が着付けをやっていて、日本の伝統文化を仲介する人になりたいなと思って着付けの教室もやっています。着物ってサステイナブル(持続可能)なこととつながっている。洋服は生地を曲線的に裁断するから余り布が出るけれど、着物は直線でぴったりに裁断するから余りが出ない。それに、昔は古着を着ている人がたくさんいたらしい。

 冨永 そう考えると、日本は昔からサステイナブルな精神があった。

 ユリア それにしても、コロナで生活は変わりましたよね。密になるイベントができないから、私はDJの仕事がなくなった。でも、さらに勉強する時間もあったし、有意義な時でもあった。

 冨永 自分自身の生き方や暮らし方を考えさせられた。何が必要で何が不要か。自分の幸せとは何なのかをきっとみなさん、考えたのだと思う。(構成・高橋牧子、神宮桃子)