西武の18歳差師弟 刺激し合い勝負のシーズンへ

有料会員記事

山口史朗
[PR]

 紅白戦で2回を無失点に抑えた2月16日の夕方、西武の3年目、渡辺勇太朗の電話が鳴った。

 「このままじゃダメだ、と。ハッパをかけていただきました」

 直球の質が悪かった。渡辺自身も感じていたことを、電話の主は言い当ててきた。

 内海哲也だった。

 巨人のエースとして一時代を築き、西武に移籍して3年目を迎えた38歳の内海と、将来のエースと期待される20歳の渡辺。2人の間には強固な「師弟関係」がある。

 出会いは2019年。内海は左前腕のケガでプロ入り後初めて、1軍登板なしに終わった。2軍でリハビリに励む日々。毎朝、必ず6時半には球場に来て体を動かした。その姿を見ていたのが、ルーキーの渡辺だった。

 渡辺は身長191センチの大型右腕。埼玉浦和学院高時代は、第100回全国高校野球選手権で好投し、根尾昂(中日)、藤原恭大(ロッテ)らとともに高校日本代表にも選ばれた。

 自分の倍近い年齢のベテランが、誰よりも早く球場へ来て練習する姿に、心を揺さぶられた。

 「自分も見習って、朝から動くようにしたんです。2人で会話させてもらう機会も増えて。内海さんは自宅から球場まで1時間半くらいかかるのに、毎朝のトレーニングを欠かさない。ついていこうと思った」

 投手としての心構え、トレーニングのこと、人生観……。様々なことを学び、今年は1月の自主トレもともにした。

 渡辺はそこで、内海を感心させた。

 ハードなランニングメニュー…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら