みずほ銀ATMトラブル、頭取が陳謝「深く反省」

有料会員記事

寺西和男
[PR]

 みずほ銀行の藤原弘治頭取は1日記者会見を開き、ATM(現金自動出入機)などで起きた障害について「ご不便をおかけしたお客様、社会のみなさまに深くおわび申し上げます」と陳謝した。2月28日夜には一時約3千台が停止していたATMは1日午後3時時点ですべての拠点で全面復旧したという。

 今回のトラブルではATMに通帳やキャッシュカードが取り込まれるというトラブルも起き、顧客がATMの前で長時間待たされる事態も起きた。藤原氏は会見で「お客様への対応が不十分なこともあり、多くのお客さまに長い時間お待ちいただくことになり、ご不便、ご迷惑をおかけした」と謝罪。28日午後に全店の支店長に担当のATMについてすべて回って点検するように指示をしたが、「件数が多く、本当に長時間、ATM周辺でお待ちいただいた。不十分だということは深く反省をしている」と述べた。

 今回の障害について、定期預金のデータ移行に伴って起きたという。28日は通常の月末のデータ更新に加え、約45万件のデータの移し替えの作業をしていた。この作業に伴い、データ処理の容量が増えてシステムに負荷がかかったという。

藤原氏「すべてはみずほ銀行が責任を負う」

藤原氏は今回の問題について「…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。