就活解禁、今年は「対面型」も復活 コロナ対策を徹底

有料会員記事

吉田貴司、田中美保
[PR]

 来春卒業予定の学生への会社説明会が1日、政府の就職活動ルールで解禁された。昨年は新型コロナウイルス禍で軒並み中止になった「対面型」の説明会が、今年はコロナ対策を施して復活。一方、オンラインで実施する企業もあり、学生・企業とも使い分けへの対応が焦点になりそうだ。

拡大する写真・図版リクルートキャリアの説明会では、会場への入り口を複数に分けるなどして3密対策をしていた=千葉市の幕張メッセ

 リクルートキャリアは1日、千葉市幕張メッセで説明会を開いた。企業約220社と学生が参加。会場では出入り口を複数に分けたり、場内の参加者やスタッフの人数を絞ったりして「3密」対策を徹底した。

 明治安田生命は、会場の感染対策を評価して参加を決めたという。昨春以降、自社の説明会や面接などは、ほぼ全てオンラインで実施した。だが、「学生から、対面での情報収集の機会を作ってほしいと望む声が一定数あった」(広報)。合同説明会は他の企業とも比べられるため、学生からの評価も高められると考えたという。

 一方、今年も慎重な企業も。ホンダは1日、大学が主催したオンライン説明会に参加し、担当者が業界の状況や会社の取り組みなどを画面を通じて学生に伝えた。学生からは「配属先はいつごろ決まるか」「海外駐在はどれぐらいの人ができるのか」などの質問が出た。採用グループの松井翔太さんによると、「直接学生に会って温度感を伝えたい」との思いもある一方、感染リスクがある以上は学生に無理を強いることがないようにしたいと考え、今年も全面オンライン化を決めたという。

拡大する写真・図版学生向けのオンライン企業説明会で語るホンダの採用担当者=2021年3月1日午後、東京都港区南青山2丁目

 昨年の就活では、説明会や面…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。