[PR]

 J1横浜FCのFW三浦知良(54)が1日、オンラインで記者会見し、11日で10年となる東日本大震災について「被災地の人々には長い10年だったのではないか」と思いやった。コロナ禍にも通じた思いや葛藤についても触れた。東京五輪・パラリンピックについては「開催を夢見ている」と期待を語った。

 震災直後はコロナ禍の影響を受けた昨年と同様にJリーグも中断した。地震の発生から18日後の慈善試合で得点し、「日本中を明るくできたら」とカズダンスを披露した姿は記憶に新しい。「昨年も10年前も価値観の問われる日々だった。慈善試合の1点でゴールとはあんなに力があるのかと思い知らされた。みんなのためにプレーすることに価値があると経験できた。プレーする喜びをこの10年でさらに教わった」と振り返った。

 プロ36年目。復興支援活動で…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら