独自

抜き取られたリコール署名簿入手 住民「偽造ですよね」

有料会員記事

原知恵子、編集委員・伊藤智章
[PR]

 大村秀章愛知県知事に対するリコール署名の偽造事件で、集められた署名簿の一部は、ボランティアが「同一筆跡」と判断して抜き取り、選挙管理委員会に提出されなかった。その写しを入手し、多くの住民が「署名」したことになっている住宅地を訪ねた。

 愛知県尾張旭市では、昨年11月4日、市選管に提出前の署名簿をボランティアが調べ、一部を「同一筆跡」と判断した。朝日新聞は、提出されなかったその写しを入手した。

 写し42枚には計295人の住所や氏名、生年月日が書かれているが、筆跡は2種類だけに見える。押印がないものをのぞけば、すべて指印だ。署名日は大半が署名集め期間後の「10月26日」で、最終日の「25日」に書き直したものもある。

 あるボランティアは「変なものを出してはまずいと思って抜いた。偽造までは疑わなかった」と話す。

 ある署名簿には、愛知県尾張旭市の同じ町内に住む人たちの「署名」が、番地違いで立て続けに7人分、似た筆跡で書かれていた。

 そこは、一戸建ての民家が並ぶ閑静な住宅街だった。

リコール「反対」を訴えるチラシを近所に配ったという男性は、自分の名前が書き込まれた署名簿の写しに衝撃を受けました。記事後半で紹介します

 「40歳の男性」の住所で…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら