大成建設と鹿島に有罪判決 リニア談合「徹底的に協力」

有料会員記事

根津弥
[PR]

 JR東海発注のリニア中央新幹線の建設工事で談合したとして、独占禁止法違反の罪に問われた大成建設と鹿島の元幹部2人、法人としての両社への判決公判が1日、東京地裁であった。楡井(にれい)英夫裁判長は「徹底的に協力し公正かつ自由な競争を阻害した」として、いずれも有罪とした。

 言い渡された判決は、大成建設元常務・大川孝被告(70)と鹿島元部長・大沢一郎被告(63)が懲役1年6カ月執行猶予3年(求刑・懲役2年)、法人としての両社は罰金2億5千万円(同・罰金3億円)。

 事件はゼネコン大手4社が関与したとされ、談合を認めた大林組清水建設は罰金2億円と1億8千万円の有罪判決が確定。大成建設と鹿島が無罪を訴えていた。

 判決は、品川、名古屋両駅の工事について、大林組清水建設の幹部の供述などをもとに、4社が2014~15年、受注配分や見積額を事前に調整したと認定した。「価格競争を避けて十分な利益を確保する」ことが談合の動機だとし、「国を代表するスーパーゼネコン4社が国家的プロジェクトで受注調整したことは、建設業界への信頼を著しく損ねた」と批判した。

 弁護側は「JR東海は事実上…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら