[PR]

 埼玉県の大野元裕知事は1日、期限が7日に迫っている緊急事態宣言について「解除できるかどうかの確信にはまだ至っていない。もう一度、緊急事態宣言を出すのはなかなか難しいので慎重に判断をしたい」と述べ、解除には慎重を要するとの認識を示した。県庁で記者団に語った。

 この日県内で発表された新たな感染者は61人。2月28日には97人で、1週間前の84人と比べて増加していた。大野知事は「下げ止まり、あるいは鈍化している状況にある」と指摘した。

 東京と神奈川、千葉を含む4都県で、近く対応を協議する予定だという。(山田暢史)