[PR]

 高知県は1日、新型コロナウイルスへの対応の目安について、5段階で下から2番目の「注意」から最も低い「感染観察」に引き下げると発表した。この日まで11日連続で新たな感染者が確認されておらず、「感染観察」の判断指標に合致するという。

 「感染観察」は、「注意」に引き上げた昨年12月1日以来3カ月ぶり。県は今年2月22日に「警戒」から「注意」に1段階引き下げたばかり。

 一方で、県はこれから歓送迎会や花見などのシーズンに入るとして、会食について可能な限り時間と規模を縮小するよう県民に求めるなど具体的な対応方針は変えないという。

 1日時点の県内の累計感染者数は884人で、中等症の患者1人が高知医療センター(高知市)に入院している。(清野貴幸)