農水省接待、次官は「会話覚えてない、趣旨も分からぬ」

有料会員記事

高木真也、兼田徳幸
[PR]

 贈収賄事件で在宅起訴された吉川貴盛・元農林水産相と鶏卵大手アキタフーズ前代表らの会食に農水省幹部が招かれ、接待を受けていた問題で、会食に同席して減給処分を受けた枝元真徹(まさあき)・事務次官は1日の衆院予算委員会で、アキタ社側から会食時に、具体的な政策に関わる働きかけはなかったと説明した。

 立憲民主の山井和則氏が会食時の状況について質問した。枝元次官は「たぶん養鶏についての話題も出たのだろうと思うが、2年半ほど前のことでほとんど覚えていない」と説明。「具体的な政策の働きかけがあればさすがに覚えていると思うので、そのような働きかけはなかったと認識している」と答弁した。

 吉川元農水相からの会食後の働きかけの有無について、枝元次官は「会食を受けて何か指示があったということもない」と否定した。農水省の調査では特定に至らなかった会食の趣旨については、「よく分かりません」と答えた。

調査方法にも追及、農水相「ご指摘も踏まえ検討」

 吉川元農水相や秋田善祺(よ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら