[PR]

 衆院予算委員会で2日午前、締めくくり質疑が始まった。公明党の浜村進氏は、新型コロナウイルスワクチンを医療従事者や高齢者が先行接種した後、一般への接種を進めるうえで現状の予算が足りなくなった場合の対応を尋ねた。

 菅義偉首相は「すべての国民のみなさんに安心してワクチンを接種していただけるよう、自治体と連携しながら全力で接種態勢をいま整えている」と現状を説明。そのうえで、「自治体の財政力の違いなどで準備に支障がきたすことがないように、必要な経費は国が全額負担する方針のもと適切に対応する。いわば、かかった費用は全部国が責任をもつということだ」と答弁した。