[PR]

 福岡県篠栗(ささぐり)町で昨年4月、5歳の男児が家庭内で十分な食事を与えられず餓死していたことがわかった。福岡県警は2日、母親の碇(いかり)利恵容疑者(39)を保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕した。男児に食事を与えないよう指示したとして、母親の知人の赤堀恵美子容疑者(48)も同容疑で逮捕した。捜査関係者への取材でわかった。県警の任意の調べに、碇容疑者は容疑を認め、赤堀容疑者は否認しているという。

 捜査関係者によると、亡くなった男児は碇容疑者の三男、翔士郎(しょうじろう)ちゃん。両容疑者は昨年4月、篠栗町のマンションで、翔士郎ちゃんに食事を与えず栄養失調で死亡させた疑いがある。碇容疑者がマンションの自室で意識を失った翔士郎ちゃんを発見。第三者を通じて119番通報したが、翔士郎ちゃんは搬送先の病院で死亡が確認された。

 同居する小学生の長男や次男も十分な食事を与えられていなかったが、2人の健康に大きな問題はないという。

 捜査関係者は、赤堀容疑者が碇容疑者の家庭に介入し、翔士郎ちゃんに食事を与えないよう求めていたとみている。両容疑者は子どもを同じ幼稚園に通わせる保護者同士だったが、赤堀容疑者が翔士郎ちゃんを車で幼稚園に送迎するなどして子育てを手伝ううちに家庭内に深く入り込み、家計まで握るようになったという。

 篠栗町こども育成課は、碇容疑者一家に支援が必要と判断。家庭訪問をしたが、赤堀容疑者がこれに反発したという。

現金捻出のため、食事与えないよう仕向けたか

 県警は昨年12月、碇容疑者の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら