鼻スプレーや飲むタイプ 針使わないワクチン、開発進む

有料会員記事新型コロナウイルス

小川裕介、瀬川茂子
[PR]

 欧米に続き、国内でも接種が始まった新型コロナウイルスのワクチン。注射針を腕に深く刺して筋肉に打つが、痛みに抵抗感を覚える人も多い。針を使わないタイプのワクチンの開発も進んでいる。

 世界保健機関(WHO)によると、2月23日現在で、世界で約250種類の新型コロナワクチンの開発が進められており、このうち約70種類が人に投与する臨床試験が始まっている。

 北里大学などの研究チームが実用化をめざしているのは、鼻にスプレーするタイプの「経鼻ワクチン」だ。国立感染症研究所なども、同様のタイプのワクチン研究を進めている。

 北里大学の片山和彦教授(ウイルス感染制御学)は「ワクチンの注射針が嫌だという人は多い。シュッと鼻に吹きかけただけで免疫がつけば、みんなが負担を感じることなく接種できる」と話す。

 これまで経鼻ワクチンは、インフルエンザでも開発が進み、米国では承認されているものもある。ウイルスは鼻やのどの粘膜にとりついて感染を引き起こすが、経鼻ワクチンは鼻やのどの免疫を直接活性化させ、感染を防ぐ効果があるとされている。

実用化の見通しは?

 片山さんらが開発するワクチ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]