トランプ夫妻、退任前にワクチン接種していた 米報道

新型コロナウイルス

ワシントン=香取啓介
[PR]

 トランプ前米大統領と妻のメラニアさんが今年1月に退任する前に、新型コロナウイルスのワクチンを接種していた、と1日、複数の米メディアが報じた。バイデン大統領は接種を促すために公開でワクチン接種をしたが、トランプ氏はこれまでワクチン接種を公にしていなかった。

 米メディアによると、トランプ夫妻は今年1月にホワイトハウスで接種したという。ワクチンの種類や、回数は明らかになっていない。

 トランプ夫妻は昨年10月に新型コロナの感染が分かり、トランプ氏は3日間入院した。米国では、昨年12月に2種類のワクチンに相次いで緊急時使用の許可が出た。ペンス副大統領(当時)夫妻やバイデン次期大統領(当時)夫妻らが次々と接種をする中、トランプ氏は「医師の勧めがあるまで」接種はしないとしていた。アダムス医務総監(当時)は昨年12月、トランプ氏が過去90日に新型コロナに感染したこと、抗体治療薬の投与を受けていたことに言及し「医療上の理由がある」と話していた。

 トランプ氏は2月28日にフロリダ州で行った退任後初の演説で「ワクチンの注射はどれほど痛くないか。だからみんな受けに行くんだ」と呼びかけた。(ワシントン=香取啓介)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]