農水相「どんな追加調査が必要か検討」 鶏卵大手の接待

高木真也
[PR]

 贈収賄事件で在宅起訴された吉川貴盛・元農林水産相とともに鶏卵大手アキタフーズの前代表との会食に招かれ接待を受けていたとして、農水省幹部6人が処分を受けた問題で、野上浩太郎農水相は2日の閣議後会見で「どのような追加的な調査が必要か検討している」と述べ、再調査の可能性に言及した。

 農水省は幹部以外の調査の対象を、畜産部署のうち、鶏卵を扱う担当課に限定していた。この点について、1日の衆院予算委員会で野党側から「関係課を全部調査して下さい。総務省はやっている」と追及を受け、野上農水相も検討する考えを示していた。

 一方、内閣官房参与時代にアキタフーズからクルーズ船で接待を受けていたとされる西川公也・元農水相については、「国家公務員倫理法での違反認定に必要な事実関係はすでに特定されている」と述べ、聞き取りはしないとの方針を示した。(高木真也)