80年前の新聞にケヅレーライス どんな味か作ってみた

有料会員記事

向平真、長沢美津子
[PR]

 「ケヅレーライス」をご存じですか。1940年、太平洋戦争前夜の日本に、こんな名前の料理がありました。大阪で生まれた朝日新聞は5万号を迎えました。歴史を実感してもらえる企画をと、古い紙面をめくるうちに、目にとまり、つくってみることにしました。

 1940(昭和15)年の東京朝日新聞のコラム「お弁当料理」に掲載されています。読んでみると、魚の焼きめしのようです。これは一体……つくるしかないでしょう。

拡大する写真・図版1940年5月16日付東京朝日。この日の家庭面のトップ記事は「薦めたい野草料理」

 タマネギとニンジンをみじん切りにし、ニンジンはレンジでチン。タマネギを炒めつつ、沸騰した湯に塩を加えて、魚を投入。どんな魚を使うか、なにも記述はありません。今回はサワラを使うことにしました。

拡大する写真・図版魚をほぐして炒め、ご飯を投入するが、すぐに魚の身が崩れてしまった=2021年2月5日午後0時35分、大阪府茨木市、吉川恵子撮影

 タマネギを炒め、サワラを入れると、あっという間にぐずぐずに。めげません。ご飯を加え、さらに炒めます。グリーンピースと紅ショウガを散らしたら、一気に華やかになりました。

 同僚が試食しました。気乗りしないようでしたが……。「ふたを開けたら、とてもきれいでびっくり。食べたら、バターとショウガが絶妙でおいしい。で、ケヅレーって何ですか?」

拡大する写真・図版完成。春の野山のような華やかさ=2021年2月5日午後1時48分、大阪府茨木市、吉川恵子撮影

 やっぱり気になりますよね、ケヅレー。そこで、料理を取材する長沢美津子・編集委員が調べました。以下、「調査報告」です。そこには、「目からウロコ」のお話が。

 新聞と料理といえば、グルメエンターテインメント小説にして栄養や衛生の啓蒙(けいもう)記事でもあった、村井弦斎の「食道楽」が思い浮かびます。報知新聞で1903(明治36)年に連載開始、レシピ満載の書籍はベストセラーになりました。当時の最先端だったであろう西洋料理もさまざまに登場します。

 単行本の復刻版をめくっていくと……秋の巻に載っていました「ケズレー」が。主人公が西洋料理のフルコースで客をもてなす場面のひと皿で、女性客が得意げに解説するレシピは「ケヅレーライス」とほぼ同じです。

拡大する写真・図版明治時代に書かれた村井弦斎の「食道楽」秋の巻に、「お魚の上等料理」として「ケズレー」が登場していた

 朝日新聞の記事はその三十数年後、新聞読者も西洋料理もまだ限られた層の時代なので、どれほど認知されていたメニューかはわかりませんが、想像の料理ではないことがわかりました。

どこの国の料理? 貴族の朝食だったという説も

 では、「ケズレー」はどこか…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら