「女は無理」でブレーキ 山内マリコさん、あの頃の私へ

有料会員記事

聞き手・伊藤恵里奈
[PR]

作家・山内マリコさん

 地方出身と東京出身の女性の心象風景を対比させた小説や、日常生活の疑問や発見を軽快につづったエッセーで人気の作家、山内マリコさん(40)。フェミニズム雑誌の編集をしたり、女性差別についての考えを表明したりしていますが、「ジェンダーの問題と向き合い始めたのは遅かった」と言います。

「闘争」して変わった夫との関係

 20代後半で「結婚をしなきゃ」というプレッシャーを強く感じるようになりました。男女平等と言われて育ったし、自分でもそう思っていたけれど、結婚となったとたん、女性の弱い立場が浮き彫りになる。それでも、「しなきゃいけない」と思ってしまう結婚って何なんだろうと考えるようになりました。それまでは「フェミニズム」という言葉すら知らなかったのですが、女性学の本をいろいろ読み、自分なりに学んでいきました。

 結婚すると、女性はいろんなものを搾取されてしまう。便利に使われて、自分の時間を奪われてしまう。それで結婚がすごく怖くなって。東日本大震災のあと、つき合っていた人と同居することを決めたのですが、そこからは家事分担をめぐって、フェミニズム的な主張をしつづけました。

 彼はもともと料理が得意なタ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

Think Gender

Think Gender

男女格差が153カ国中121位の日本。生きにくさを感じているのは、女性だけではありません。だれもが「ありのままの自分」で生きられる社会をめざして。ジェンダーについて、一緒に考えませんか。[記事一覧へ]