[PR]

 SKE48の古畑奈和(なお)さん(24)が御園座(名古屋市)で上演される芝居「水戸黄門~春に咲く花」(3月4~21日)にヒロインの「おみつ」役で出演する。これまでとは違う雰囲気の役柄に挑戦するために心がけたこと、里見浩太朗さん、純烈の4人、野村将希さん、小川菜摘さんら先輩俳優、歌手らとの共演で学んだことを聞いた。

     ◇

 ――今回の役どころと、これまでと違う役を演じるために心がけたことはありますか

 今回の役は「おみつ」という名前の子。清太さん(純烈の後上翔太)という男性とつきあっていて、一緒になりたいんだけれど、悪代官に引き離されてしまうところに、水戸黄門様が助けてどうなる……というような役どころです。

 これまでは芯があったり、大きな声で叫んだりとか意思が強い役が多かったのですが、今回はこれまでとは違った性格の女性を演じます。また、着物を着て時代劇を演じるということで、普段からも大股で歩かないように、自然と内股になるように心がけて歩き、着物姿をきれいにみせる所作ができるよう心がけました。

 ――年齢も離れた大先輩との初めて共演ですが、いかがですか

 初めて顔合わせしたときは、と…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら