[PR]

 福岡市の原剛一さん(43)が左目の視野が狭いと気づいたのは36歳のときだった。

 福岡市にそば屋を開業して間もない頃だった。原因不明の緑内障で、次第に右目の視力も失った。

 子どもの成長が見られないと思うとき、見えない目から涙があふれた。人の笑顔を見たくて飲食の道を選んだ。

 失明からまもなく、数年ぶりに酒席で会った中学の同級生が突然切り出した。

 「芸人になる」。

 40代の無謀な挑戦なのに、うらやましく感じる自分がいた。

 家族の反対もあり、2カ月悩んだ。

■常連客の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら