[PR]

 Jリーグが開幕しました。

 今季のレギュレーションで一番大きいのは4チームが降格することでしょう。しかも、自動降格。

 昨年は新型コロナウイルスの影響で降格がなく、若手を使うチームが目立つなど、GKも含めて様々な選手を積極的に使って世代交代を図り、それぞれのチーム内が活性化しました。ただ、今季はどのチームも序盤から結果にこだわってくるのでは、と考えます。

 大まかな勢力図として、上の8チームが優勝を争い、その他の12チームが残留を目指す構図になるとみています。

優勝争いはACL出場組と…

 優勝争いの核は、川崎フロンターレ、ガンバ大阪、名古屋グランパスのACL出場組。ここに、ACLにプレーオフから出るセレッソ大阪もからむでしょう。

 ACLの1次リーグは、4月から5月にかけて組まれており、Jリーグの序盤はこの4チームにとって、かなりハードな日程です。つまり、この序盤で丁寧に勝ち点を重ねられるかがポイントとなります。

 開幕戦で、連覇を狙う川崎フロンターレは横浜Fマリノスを危なげなく退けました。昨年の優勝から連覇への意欲はもちろんあるでしょうが、これまであまり結果を出せていないACLを制したいという気持ちも強いはずです。

 鬼木達監督は選手に高いレベル…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら