車いす持ち上げてもらい「ごめん」、親友が返したひと言

有料会員記事

福井万穂
[PR]

 「あの人、大人?」「なんで体が小さいの?」。

 子どもが親に尋ねる声が聞こえる。

 「親が『見ないで』と遠ざけてしまうのは悲しい。子どもが直接聞いてくれたら、理解は広がる」。

 内田勝也さん(31)は佐賀市職員として働きながら、障害者の目線で街づくりに取り組む。

 身長は100センチ。先天性の難病「骨形成不全症」で骨が弱く、これまで「150回は骨折した」。

 スーツに袖を通そうとして、折れてしまったこともある。

 佐賀市出身。「みんなと同じように学びたい」と、小学3年から高校まで地元の公立学校に通った。

 学校にエレベーターはなく、階段や段差では、先生や友人たちが車いすを持ち上げてくれた。

 次の授業に間に合わず、思わず「ごめんね」と口にした。

 親友から「お前が悪いことし…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら