首相「私自身が判断したい」 首都圏宣言解除への懸念に

新型コロナウイルス

[PR]

 菅義偉首相は2日夕、新型コロナウイルス対策で首都圏4都県に出ている緊急事態宣言をめぐり、東京都小池百合子知事が7日までの期限通りの解除に懸念を示していることについて、「最終的には私自身が判断したい」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 首相は「まず、しっかり(感染の状況などの)数字を見て、専門家をはじめ関係者に相談させて頂き、最終的には私自身が判断したい」とした。「とにかく今は感染拡大防止に全力を尽くすべきだと思う」とも語った。

 宣言の解除や延長をめぐっては、「1都3県、いろんな意味で関連する。そういうことになるだろう」と述べ、1都3県で一括して判断する考えを示した。

 期限通りの宣言解除をめぐり、小池氏は2日午後、記者団に「もう一段(対策の)ギアを上げないと、間に合わない事態が生じているのではないか」と語った。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]