加藤シゲアキさんに選考委員「青春のもやもや描けた」

有料会員記事

滝沢文那
[PR]

 第42回吉川英治文学新人賞(吉川英治国民文化振興会主催)が2日発表され、アイドルグループ「NEWS」の加藤シゲアキさんの「オルタネート」(新潮社)と、武田綾乃さんの「愛されなくても別に」(講談社)に決まった。「オルタネート」については、「青春のもやもやしたものを描けている」などと評価され、受賞に至ったという。

 東京都内で開かれた選考会の後、選考委員の一人として、作家の重松清さんが選考経過について説明した。

 「オルタネート」については、「青春小説で非常に清新さがあり、さわやかだった」と評した。選考では、「書かずにはいられないものを一番感じた」「青春のもやもやしたものを描けている」「群像劇として、登場人物の一人一人がしっかり描かれている」といった声が出たという。

 また、同作は「小説新潮」で…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら