平野歩夢と同じ演技構成も スノボ戸塚に五輪金の予感

有料会員記事

吉永岳央
[PR]

 選手間で五輪以上に重要視されることもあるビッグタイトルの「Xゲームズ」。19歳の戸塚優斗(ヨネックス)が1月末、スノーボードのスーパーパイプ(ハーフパイプ)を制覇した。2大会連続で銀メダルにとどまっていたが、ついに壁を突破。1年後に迫る北京五輪の金メダル候補筆頭に躍り出た一戦を、本人に振り返ってもらった。

 直接の勝因は、短所の克服だった。「バックサイドの回転を両方向で入れられたのが、自分の中では大きい」。後ろを振り返るような方向に回転をかけるのが「バックサイド」。苦手意識が強く、これまでは演技の最後に飛ぶのが精いっぱいだった。だが、今回は中盤に組み込み、スムーズに演技をつなげてみせた。

 ただ、見る者に北京五輪での活躍をはっきりと予感させたのは、披露した計4回の演技のうち、優勝をきめた3回目ではなく、最後の1回だっただろう。

 最初の空中技は、半回転にと…

この記事は有料会員記事です。残り906文字有料会員になると続きをお読みいただけます。