[PR]

 福岡県篠栗(ささぐり)町のマンションで昨年4月、5歳の男児に十分な食事を与えずに餓死させたとして、福岡県警は2日、母親の無職碇(いかり)利恵(39)と知人の無職赤堀恵美子(48)の両容疑者を保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕し、発表した。碇容疑者は容疑を認め、赤堀容疑者は「一家の食事などの管理は一切していない」と否認しているという。

 発表によると、両容疑者は共謀し、碇容疑者が当時住んでいた篠栗町のマンションで、碇容疑者の三男翔士郎(しょうじろう)ちゃんに対し、2019年8月ごろから食事の量や回数を減らして低栄養状態にし、20年4月18日に餓死させた疑いがある。

 翔士郎ちゃんの意識がないことに碇容疑者が気づき、第三者を通じて119番通報した。搬送当時、翔士郎ちゃんはあばら骨が浮くほど痩せており、体重は10キロ前後で、同年齢の平均の半分ほどだった。

 両容疑者は16年4月、子どもを同じ幼稚園に通わせる保護者として知り合った。その後、赤堀容疑者が碇家の子育てなどに介入するようになり、碇容疑者も赤堀容疑者の指示通りに動くようになっていったという。3人の子どもに与えるご飯の量も赤堀容疑者が細かく指示していたとみられる。捜査関係者は「碇容疑者はマインドコントロールされている状態だった」とみている。

母親の収入、赤堀容疑者が全額管理か

 県警によると、碇容疑者は翔士…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら