無失点でも157キロでも不満 ソフトバンクの先発争い

有料会員記事

菅沼遼
[PR]

(2日、オープン戦=福岡ソフトバンクホークス14―2中日ドラゴンズ)

 5年連続日本一を狙う福岡ソフトバンクホークスではいま、開幕ローテーションを巡る争いが激しくなっている。千賀滉大ら主力がけがで出遅れ、6枠中3枠が未定。2日のオープン戦の初戦では7年目左腕、23歳の笠谷俊介がその筆頭に名乗り出る好投を見せた。

笠谷は無安打無失点

 笠谷は中日ドラゴンズを相手に、一回は10球のうち9球がストレートで勝負。力みのないフォームから140キロ台後半を立て続けに投げ込んだ。

 二回以降は縦に落ちる得意のナックルカーブに加え、横の変化も加えるため、オフに磨きをかけたスライダーも織り交ぜた。

 4回を52球、被安打0の無失点に封じた。「変化球がすごく良くなっていると思う。今季はカーブもスライダーも自信をもって投げられている」と手応えを得たようだ。

 師匠はチームメートの同じ左腕、40歳の和田毅。2017年からオフの自主トレーニングをともにし、体の使い方から日々のルーティンまで学んできた。

 このオフには「8割くらいの…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら