[PR]

 2日午後10時20分ごろ、目黒区自由が丘1丁目の東急東横線の自由が丘―都立大学駅間で、線路沿いの建設現場の足場が倒れ、架線にひっかかった。東急電鉄によると、強風の影響とみられるという。この影響で停電し、渋谷―武蔵小杉駅間の上下線で運転を見合わせている。運転再開の見通しは立っていない。

 祐天寺―中目黒の駅間で停車した列車があり、乗客を誘導している。東京消防庁によると、けが人の情報はないという。