河井克行議員を保釈 8カ月ぶり、保証金5千万円を納付

有料会員記事

新屋絵理、松島研人
[PR]

 2019年7月の参院選広島選挙区をめぐり、公職選挙法違反(加重買収など)の罪に問われて公判中の元法相で衆院議員・河井克行被告(57)について、東京地裁は3日、保釈を認める決定を出した。克行議員は保釈保証金5千万円を現金で納付した。

 一方、東京地検は同日に決定を不服として抗告したが、東京高裁が棄却した。このため昨年6月の逮捕以来、約8カ月ぶり(259日目)に保釈された。

 克行議員側はこれまでに4回…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら