兵庫・西宮の社員寮に弾痕4カ所 かつて暴力団事務所か

[PR]

 3日午前2時10分ごろ、兵庫県西宮市久保町で、「パーンという大きな音がした」と近くの住民から110番通報があった。駆け付けた西宮署員が、2階建て建物の1階のシャッターに弾痕のようなへこみが4カ所あるのを確認。近くに銃弾のようなものが落ちていたという。けが人はなかった。県警が発砲事件とみて捜査している。

 署によると、この建物は市内の運送会社の社員寮という。捜査関係者によると、以前は暴力団事務所だったとの情報もあり、県警が確認している。また、この建物1階の車庫内から、割れた空き瓶が見つかった。新聞紙のようなものが詰められており、油のようなにおいがしたという。出火した形跡はなかったが、投げ込まれた可能性もあるとみて調べる。

 現場は、阪神西宮駅から南へ約1キロにある住宅や店舗が立ち並ぶ地域。市教育委員会は3日朝、現場近くの小中学校9校に、登校の見守りを強化するよう指示した。

 近くに住む60代の男性会社員は、入浴中に「パーン」という音を4、5回続けて聞いたという。「家に飛んでこないか不安になった」と振り返る。防犯活動の見回りで現場に駆けつけた70代の男性会社員は「通行量の多い通り沿いで、学校も近くにある。こんな住宅街で起きて、驚いている」と話した。