ショウガでおいしく健康に 多彩な料理に「適量」で活用

有料会員記事

今直也
[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大で、自宅で過ごす時間が増えた。家での食事で少しでも体にいいものをと、きざみショウガをちょい足しするスープをとるようにしている。のどにピリッとくるスパイシーだけどやさしい刺激で、食欲も増進しそうだ。

 ショウガを手軽にとるコツを、川崎市のショウガ料理専門店オーナー、森島土紀子さんに聞いた。森島さんは、高知県の農家から毎年2トン近いショウガを取り寄せているという。

 料理に使う際のポイントは、ずばり「おいしくなる適量を入れる」ということ。和食、洋食、中華、スイーツとなんでも合うが、「入れすぎはだめ。自分がおいしいと思うところでやめておく」。よく洗って皮ごと使う。皮があった方が香りを生かせるそうだ。「ショウガは辛いと思っている人もいるが、煮込めばコクとうまみになる。子どもでも食べやすくなる」と森島さん。

 簡単に作れるショウガのスー…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

今直也

今直也(こん・なおや)朝日新聞記者

科学医療部記者。奈良総局、富山総局、つくば支局を経て、東京と大阪の科学医療部に所属。その後、テレビ朝日に出向し、テレビ記者、番組ディレクターを経験。関心があるテーマは、子どもの病気や教育、原子力など。