バイデン政権が予算局長の人事案断念 ツイート足かせ

有料会員記事

青山直篤
[PR]

 バイデン米政権は2日、予算執行を担う行政管理予算局(OMB)局長に指名したニーラ・タンデン氏の人事案を取り下げた。過去のツイートが問題視され、上院で承認される見通しがなくなったためだ。バイデン政権にとって初の閣僚級人事の断念は痛手だが、追加経済対策の成立に向け、議会との調整を優先した。

 タンデン氏が「大統領のほかの優先事項の邪魔になってはならない」などとして辞退の意向を伝え、バイデン氏が受け入れた。

 OMB局長は、財政政策上の権限が限られる大統領と、議会との架け橋の役割も期待される重要ポストだ。左派系シンクタンク「米進歩センター」の所長だったタンデン氏は、過去にツイートで上院議員などを激しく批判。今後の上院運営でカギを握る民主党右派のジョー・マンチン議員(ウェストバージニア州選出)が「党派制の強い主張は、議会とOMBとの関係にとって有害」としていち早く承認に反対していた。

 バイデン氏が当面の主要課題…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら