教職やめモンゴルの孤児院へ 「スキルなくても力に」

有料会員記事

文・尾崎希海 写真・本人提供
[PR]

 中学の常勤講師を辞め、モンゴル途上国支援に取り組んだ大平緑さん(32)。高校時代の留学で得た経験に、背中を押されたといいます。

写真・図版
2015年、モンゴルで活動していた当時の大平さん(右)

 青年海外協力隊員として、モンゴルへ飛んだのは25歳の秋。2年間、現地の孤児院で日本語を教えるためだ。

 大学卒業後に就いた英語講師の職を辞し、縁もゆかりもない土地へ。モンゴル語を学び始めたのも、赴任が決まってからだ。しかし、不安はなかった。「誰かの伝聞ではなく、自分でその場に行きたかった」

 行ってみないと体験できない…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。